秋の匂い。
急に肌寒くなって
バイトが終わって出た外が暗くて
長袖の服は可愛くて
街の色は綺麗で
これから控えるクリスマスや大晦日にワクワクして
何をしていてもときめく秋。

季節の匂いに敏感でいたい。
せっかく日本には季節があって色があるんだもん。

大好きだったあの人は秋の匂いが好きで
勧めてくれたたくさんの映画や音楽は
私の大好きなものになって

3年前欲しかった全てのものは手に入れた
持っていないものはひとつもない
だけど、人の心はどんなに努力したって手に入らないんだということもこの3年で学んだ

まあもう、過去の話なんだけどね。
私は今の恋を生きるし
この先きっともう会うことも無いけど
どこかで誰かと幸せでいて欲しい
どうか寒くなるこれからの季節、暖かい布団の中で眠って欲しい
眠れない夜は映画を見て暖かいミルクを飲めばいい
泣きたい日もあるけど、あなたならきっと大丈夫

私は嫌な女だから
好きだった人や付き合った人の幸せを願えない
私が幸せに優雅に生きるのを見て
彼は静かに絶望すればいいと思うのだ

でもどうか、あの人だけは幸せでいて
いつか人生が終わるその日まで笑っていて
あとできればあの関西弁はずっと変わらないでね
温かい人に囲まれますように
私はそばにはいれないけれど

秋の匂いを嗅ぐとどうしても思い出してしまう
もう、好きじゃないけどね。
匂いってすごいな季節ってすごいな
残酷だな
だけど季節のある国でよかった
季節の匂いに気づける私でよかった

だって思い出す素敵な記憶がこれからももっと増えていくからね

そんな日でした

Gmail

気づけばブログを始めてから1年以上が経過し、
ハッピーエンドを信じられない私から1年が経ったことを、Gmailに教えられた。そして一年前の自分にたくさんのことを気付かされた。
2018年夏、私は東京の街で生きている。

1年間は早かったが、色んなことがあった。
だけど、1年間は日常の積み重ねだった。
むやみやたらに交友関係を広げていた3年前の私に比べると、ずいぶん狭い世界で生きているように感じる。
会う人達は基本的に変わらないし、あまり増やそうとも思わない。何か遠くへ行くより、着実に毎日を過ごしたい。

1年間の中で2回、起き上がることも食べることも出来ず部屋の中で泣きながら眠る日々が続くことがあった。
1度は就活と失恋、もう一度はたぶん過労。
このまま暗いところに落ちてくのかなあと思って
このまま死んでしまおうかなんて少し思って
実家に出戻りしようかなあとか思ったりして
眠って起きていくうちに結局私はまた、外の世界へでていく。

やっぱり私は、ハッピーエンドが嫌いだし、ハッピーエンドが信じられない。
でも、ハッピーエンドも悪くないかなって思えてきた。だって、ハッピーエンドの中にもちゃんと、悲しみも絶望も寂寞もあるんでしょう。
消えてしまいたい夜も、寂しい夜も超えた先にあるのがハッピーエンドなんだと思う。

そしたら私はもうやっぱり、ハッピーエンドの中にいるんだな。
この先の一年も、いろんなことがある日常を積み重ねていって少しずつハッピーエンドに近づいていくんだろう。

そんな日でした。

大学生活の備忘録2

2年春
逃した終電と戸山公園で出会った不思議な人たち
寝起きのアサイーボウル
全てが変わった日のねぎし
サイゼリアの薄いミラノ風ドリア
訳もわからず繰り返したオール
100キロハイクの全て
夜中の公園
すごく重要な時間だったはずなのに、思い出すことは何故かこれしかない

2年夏
純粋だった最後の時間
新浦安の綺麗なふりをしたビル
安っぽいナイトプール
日本を去っていく友達

2年秋
親知らずを抜いたこと
美術館
ニット帽を愛していた
浅草のホッピー街

2年冬
切りすぎた髪
汚い大人たち
御茶ノ水の喫茶店
美味しくない秋葉原の肉
DVDプレーヤーと映画

大学生活の備忘録

1年春

熱の出た入学式
初めて行った友達の家で聞いた彼氏の話
今は他人となった彼女と彼
行くつもりのないコンパの約束
未成年飲酒をツイートするモラルのない友達
咳の止まらない雨の日
美味しくないのに通い続けた学食
はじめての終電
23:00に見えた穴八幡宮の交差点
生協のうさんくさい本
GWに溢れかえる新歓報告のツイート
憧れのサークルの説明会
終電を恨んだ日
肩を組んで歌った紺碧の空
六本木の長いエスカレーター
うまく塗れなかった水色のネイル
マグリット
夜の大隈講堂

1年夏
好きな人といった三越前スターバックス
閉店ですと声を変える店員さん
真っ黒な日本橋の川
真夜中の電話
気だるい朝のベッドとタオルケットと日焼け止めの匂い
隅田川の花火大会
カラオケオール
行けなかった納涼船
神宮外苑の花火
仙台駅で聞いたユニゾンスクエアガーデン
男友達と食べたピザ
美しくない湖
何も信じられない時に食べたサーモン
真夜中の電話

1年秋
孤独
切りすぎた前髪
憧れていたベレー帽は似合わなかった
タイムズスクエアガーデン
夜の吉祥寺では何もしなかった

1年冬
死にたくなった小田急
いつまでも開かない町田の踏切
理工キャンパスでうずくまった日
誰かの救いを信じて聞いた憂、燦々
江ノ島で見た猫
好きだったアーティストのライブ
二年前と同じ津田沼のあの匂い
神田川の桜は全く綺麗じゃなかった

アールグレイ

秋の夜長というのは本当で

私は毎日とてつもなく幸せな夜を過ごしている。

 

寂しさを理由に誰かと必要以上に一緒に居ることをやめてから

毎日がとても幸せに穏やかになった。

 

学校に行く、サークルに行く、アルバイトをする。

毎日帰りにTSUTAYAに寄って棚の前で借りたい映画を探す。

頬を綻ばせながら借りたDVDと共に店を出る。

帰り道のスーパーで豆腐とかサラダとかを買って帰る。

家に帰って簡単なものを食べながら音楽を聴く。

お皿を洗った後にDVDを見てゆっくりして

そのまま寝てしまうこともあればシャワーを浴びたり

洋楽聞きながら勉強してみたり

紅茶を入れてみたり、日記を書いてみたり、電話をしてみたり

朝はアラームで起きればご飯を食べて身支度をして

最後には慌てて家を出る。

 

こんな私の生活は

どこの物語にも映画にもならないけど

どこを切り取っても幸福だと今言える。

変化のない日常の中には沢山の多幸感があるのだと

最近観たパターソンという映画で知った。

 

家賃を払えなくなれば実家に戻されるし

卒業後も暮らせるお金を貯めなければ戻されるし

少し大変だけど。たまに寂しいけど。

頑張るから、いろんなこと。

この今がいつまでも続けばいいと思う。

 

こうしているうちに、段々自分の好きなものや人や

やりたい仕事や会社もすごく形を持ってきて

私が21年間避けてきた一人の時間とは

こんなにも大事なんだなと気づかされた、

そんな日でした。

 

ワンルーム

最近色々なことが立て続けに起きて、

人より早めの就職活動が本格的になってきて、

私は私と向き合う必要性に迫られた。

そう、自己分析。

 

自分とは何者か。

どこから来てどこへ行くのか。

強みは何か。展望は何か。何を求めるのか。

 

簡単に答えられない。簡単には見つからない。

自分の過去と、今と、未来と地道に向き合う。それが自己分析なのだろう。

 

私は、一人が苦手だ。思えばいつも誰かといた。

人と関わり、人に必要とされることで、自己を見出してきた。

私の生きる理由は他者との関わりで、それがないところに私は存在しない。

一人で異郷の地に旅をしたり、創作活動をしたり、そういう強さが私にはない。

よく言えば、コミュ力があるとかフッ軽とか言えるのだろうか。

本当のところ、一人になることから、自分と向き合うことから逃げている。

 

誰かといれば、誰かに名前をつけてもらえば、自分を見つめる必要がない。

SNSの中に埋もれていれば、自分という存在に深く向き合わなくて済む。

自分は何者かをハッキリとさせないまま私は21年間私は生きてきたし、

その結果、他者からの評価だけが一人歩きしている。

私はいつまでたっても自分を好きになれない。

 

人と深く関わると必ず傷つけてしまうことがある。

友達も、恋人も、親も、本当に深く一緒に居たいと願う人と

私は上手に関われない。

自分に自信がないから。自分が誰かに無償で一緒に関わってもらえるという自信がないから、誰かといる時に必要以上に気をつかったり、尽くしてしまう。

友達へのLINEの文章とかプレゼントとか、親に頻繁に買って帰ったお土産とか、昔の恋人によく書いた手紙とか作った料理とか、そういうもの全て。

 

ずっと自己肯定感情の欠落を「家庭環境のせいだ」と言って逃げてきた。

確かにそうかもしれない。でも、そう言って逃げていたら。

私はいつまでも私を幸せにできない。

「お前は不幸に慣れすぎている」親友から言われたように、

私は幸せを無償で信じることができない。

そりゃあ人間だもん、幸せに生きたい。

気を張らずに友達や恋人と話して、笑顔で親と関わりたい。

 

私は、私を知る必要がある。

過去の何が印象に残っているのか。

今、何を求めているのか。

どんな人が好きでどんな人と関わってきたのか。

今何を頑張っているのか。

この先どういう人生を送りたいのか。

 

しっかり一人の時間の中で自分と向き合いたい。

怖くなったり、寂しくなったり、逃げ出したくなるかもしれない。

でも

自分を知らない奴が、自分を好きになれない奴が、

どこの会社に入れてどこの誰に好かれるっていうんだよ。

 

ちゃんと、自分を知ろう。

そして、自分を好きになろう。

少しずつ。

 

そんな日でした。

 

 

ハッピーエンド

夏の始まりと共に21年間出たくて仕方なかった千葉を出た。

地元が嫌いで家が嫌いで千葉が嫌いだった。

 

家族のことはもちろんだけど

20 分に一本しか来ない電車とか

5分もあれば見える田んぼとか

21時で閉まるマクドナルドとか

呑気な地域の町内会とか

マンションの昔馴染みの付き合いとか

ずっとここに居るんだという固定観念とか

そんな自分を縛り付ける全てのものから

逃れたくて仕方なくて

見えない何かと常に戦いながら生きていた

 

今日、実家に帰って

駅もファミレスもマクドナルドも家も家族も

何も変わらないのに、もうここは自分の帰る家ではなくて

ここの一員ではなく、私は確かに来訪者で

ああそうか、ここは故郷になったのだと感じた。

見慣れたものたちは私に安心感や思い出を与える中で

やっぱりずっとここにいてはいけないんだと思わせてくれる。

 

自分を縛りつけるものから逃げるために

特にこの5年間

私は必要以上に自分を追い込み、見えない何かと常に戦ってきた

目をギラつかせながら、ボロボロになりながら

自分の生きる道を自分が誇れる何かを探してきた

辛くなかったといえば嘘になる。

喚くほどに泣いたり、怒ったり、泣くほど笑ったり

常に気を張り詰めながら激動する気持ちと共に生きてきた

 

今、私はひどく泣くことも怒ることも少なくなった。

毎日家に早く帰ってご飯を作る、お皿を洗う、シャワーを浴びて洗濯をする。

映画を見たり人と話したりしながら寝る。

実家に居た時のように外食をすることも必要以上に人と会うことも減った。

インスタに上げる頻度は減り、ツイートも他愛のないものになった。

私は今がとても幸せだ。

 

鍋を置いたらまな板が置けない狭いキッチンも

すぐに葉っぱが落ちてくる室外機も

温度調節が難しい狭いユニットバスも

掃除が大変なトイレも

回収の少ないゴミ捨ても

汚れの取れない排水溝も

私にとってはどれもたまらなく幸せで愛おしい。

 

毎日働く、毎日学校に行く、疲れる。

稼いだお金は家賃になって、貯まらない。

それでも、私の心は満たされてる。

好きな時間に起きて、食べたい物を考えて作って、

好きなタイミングで動いて、好きな人を呼んで、好きな時間に寝る。

そんな当たり前の幸せは、私が何年も何年も探してきたものだった。

 

戦い続けたその先にあったものは

驚くほど静かな波一つ立たない海のようで

この幸せがずっと続けばいいと思う。

 

何かがたまらなく欲しいとかどこかに行きたいとか

強い思いや願いは今はなくて

ただ、自分とその周りの大切な人たちのために生きたい。

 

私はハッピーエンドが嫌いだ。

私はハッピーエンドを信じられない。

自分が幸せになる自信がまだない。

今、1年前の自分が欲しかったものを1つ残さず叶えている。

いつか何か報いが来ると怯えながら過ごしてる。

 

大丈夫だよ幸せになっていいんだよ、頑張ってきたんだから

っていうその言葉をちゃんと信じられる日が来て欲しい。

きっとその時が本当の戦いの終わりなんだと、そう思う。

ハッピーエンドを信じたい。

ひょっとしたら、今の私はもうハッピーエンドの中にいるのかもしれない。

 

そんな日でした。